-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

資産運用を続けるために大切にしたいこと

世間には、あらゆる投資対象や投資手法があふれています。
ネットの普及と規制緩和で、私たち素人でも、いろいろな資産運用に少額から簡単にチャレンジできるようになりました。

書店には投資本があふれ、毎日のように資産運用に関するセミナーがあちこちで開催されています。

投資対象(=何に投資するのか)をとっても、株、債券、投資信託、不動産、外貨、FX、金・・・と多種多様ですし、投資手法(=どのように投資するのか)も、長期投資、バリュー投資、分散投資、テクニカル、ファンダメンタル、スイング、デイトレ、積立・・・など、さらにそれぞれの組み合わせにより、無数のやり方があります。


Mountain Daisies / El Frito


そのような無数の投資対象・投資手法の中から、どのような基準で自分の投資方法を選択すればよいのでしょうか。

私は、個人の資産運用で大事なのは、「一度決めたらその投資を長く続けること」だと思います。

そして、長く続けるためには、その投資手法が「自分なりに信じられるもの」であることが大切だと考えています。

たいていの人(私もそうでしたが)は、「どの金融商品にどんなやり方で投資すれば一番儲かるか」という視点で投資手法を選びます。

その根拠となるのは、過去の値動きや、実際に儲かっている人の話や本に基づく予想や期待です。

もちろん、お金を増やすために投資をするので、「どうすれば儲かるか」というのは資産運用のやり方を決めるうえでの大前提になります。

しかし、「100%勝ち続けられる投資手法」というのは、おそらく存在しません
必ず、含み損を抱えたり、損失を出すケースが出てきます。
投資で成功している人も、全く損を出さず勝ち続けた、ということはないでしょう。

多くの人は、自分の投資手法を信じていないために、損が出たときに「やっぱりこれでは儲からない」といって相場から撤退してしまうのです。

逆に、資産運用で成功している人たちは、多少損が出たからといってあきらめたり、悲観したりすることなく、自分の決めた手法を心から信じて継続したからこそ、結果を出してきたのではないでしょうか。

しかし、金融のプロでない私たち普通の人が、自分の投資手法に対して確固たる信念を持てるようになるには、それなりの経験と勉強が必要になります。

そのためには、ある程度若いうちから、いろいろな投資や資産運用について勉強し、少しずつでもよいので、興味のある投資を実際に経験してみることが大切ではないでしょうか。

私が今やっているインデックス投資は、もう2年以上辞めずに継続できています(長期投資の世界では2年は続いたうちに入りませんが)。

2年の成果としてはトントンですが、ギリシャやユーロの問題で含み損が大きく出る局面でも、辞めずに続けることができました。
今までいろいろな投資に手を出しては結局損を出して続かなかったのと比べれば、大きな進歩だと思います。

JUGEMテーマ:資産運用



       
コメント
こんばんは。

投資手法を決めたら、長く続ける、安易に変えないことが大事ですよね。

情報やデータなど、技術・ノウハウ面も大事ですが、それよりもメンタル面もかなり大きなウェイトを占めるかなと思います。
  • PET
  • 2012/08/10 9:10 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/08/11 2:25 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック