-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

勉強に耳栓(イヤーウィスパー)は効果的か

今日は勉強グッズの話題です。
私が資格試験で使っていたグッズに、耳栓があります。

大学受験では1回も使いませんでしたが、社会人になってからの資格試験では愛用していました。


Exam / albertogp123

耳栓のメリットは、まわりの雑音が入ってこなくなるので集中できる、ということに尽きますが、特に本番の試験では効果を発揮すると思います。

本試験は、会場の雰囲気もいつもとは違うので、どうしても緊張しがちで、普段は全く気にならない音が気になったりするものです。

まわりの人の咳、鉛筆やボールペンの音、空調の音や試験会場の外の音、問題用紙をめくる音などが気になって、平常心を保てなくなると、とても実力は発揮できません。

私も、模試でそういう経験をしたことがあり、途中から耳栓を試すようにしたところ、とても落ち着けました。
「多少雑音がしても大丈夫」という気持ちが持てるので、精神的にもメリットがあると思います。

<追記>
下記岩間さんにコメント頂いたとおり、不動産鑑定士試験はじめ、最近では多くの国家試験で耳栓使用が禁止されています。
別記事でまとめますが、自分の受けたい資格試験で耳栓OKかどうかは、前もって確認してください。


関連記事:勉強に耳栓(イヤーウィスパー)は効果的か<その2:各資格の耳栓禁止状況>

本番の試験に限らず、日々の勉強で、カフェや電車の中など、周りの話し声や音楽の聞こえる場所でも効果的です。

一方、デメリットとしては、初めて付けると耳が少し詰まったような違和感があること、耳栓が耳の中で動くガサガサした音がかえって気になって、人によっては集中しづらい場合もある、ということです。

あとは、あまりいつも付けていると、周りから神経質な人にみられる?ということでしょうか。

いきなり本番で使うと違和感があると思うので、自習時や、答練、模試等で使用して慣れておくとよいです。

衛生的にも、あまり長時間付けっぱなしにするのは良くないようなので、私は答練や模試など、ここぞ、というときに限って使っていました。

慣れてくると、耳栓を付けた瞬間に、パッと「自分の世界に入れる」ようになりました。

しばらく使うと汚れるので、気に入ったものをまとめ買いしておくのがオススメです。

診断士試験や鑑定士試験でも、決して多数派ではありませんが、使っている人が2〜3割?ぐらいはいたような気がします。

少し古いですが、商品ごとの詳しいレビュー記事がありましたので、紹介しておきます。
眠い時はコレ、集中したい時はコレ――耳栓13種類試してみた

記事によるとデシベル値などの遮音性に注目すべし!とありますが、資格試験で使う分には、安いもので問題ないのではないでしょうか。

私は普通の「イヤーウィスパー」を使っていました。
持ち運び用のケースが付いているものが便利でしょう。

使っていない方は一度試してみてはいかがでしょうか。

サイレンシア レギュラー
サイレンシア レギュラー


JUGEMテーマ:資格取得




       
コメント
下山先生!私も、イヤーウィスパーはかなり愛用していました!
受験生時代、勤務時間とお風呂以外は、ほぼ装着してました。
ただ、今の鑑定士試験の本番では、耳栓は禁止になったようです。
  • 岩間
  • 2012/12/10 10:29 PM
岩間さん、そうですか、耳栓禁止は全く知りませんでした。
ネットで見ると確かに他にも禁止になっている国家試験はあるようですね。
愛用者にとっては辛い措置ですね。。
  • shimo
  • 2012/12/10 10:41 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック