-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

意外に知られていない「旧土地台帳」

不動産鑑定士が、対象地の土壌汚染の可能性を調査する一環として、過去の土地利用履歴を調べる場合、過去の住宅地図を取ったり、閉鎖登記簿謄本を取得する、という作業は一般的に行われています。

しかし、あまり知られていない資料として、「旧土地台帳」というものがあります。

土地台帳は、もともとは税金の徴収のために役所や税務署に備えられていた台帳で、明治22年頃から昭和30年代頃まで使われていましたが、昭和35年の不動産登記法の改正で、現在の登記簿と一元化されて廃止されました。

ただし、土地台帳は現在も各法務局に保管されており、無料で写しを請求することができます。
記載されている情報は、地番、地目、面積、所有者などです。

実際に私が最近取った旧土地台帳です。



旧土地台帳を取得すれば、閉鎖謄本だけでは分からない、昭和30年代以前あるいは大正、明治まで土地の履歴(地目、所有者など)を遡ることができるので、役に立つ場合もあります。

日頃から土地台帳まで取っている、という事務所は少ないと思います。
証券化物件の詳細な評価では、基本的にもっと詳しいERや土壌レポートを入手できるので、ここまでやる必要もありません。

私も昔は知らなかったのですが、何年か前にある鑑定士から教えてもらい、工場が多いような怪しい土地では、取るようにしています。

請求方法は簡単で、いつも使っている登記事項証明書の交付申請書の「□ コンピュータ化による閉鎖登記簿」にチェックを入れるのと合わせて、右側の空欄に「旧土地台帳」と書いて窓口でお願いするだけです。

※このやり方が正しいのか分かりませんが、ほぼこれで問題なく発行してくれます。
ただし、分筆、合筆でできた土地などでは、現在の地番だけでは過去の履歴が一発で追えない場合もありますし、区画整理されたエリアや埋立地などではそもそも土地台帳自体がありません。

※ちなみに、このやり方だと、「コンピュータ化による閉鎖謄本」以外に、土地台帳とコンピュータ閉鎖の間の時代の「粗悪移記閉鎖謄本」(移記閉鎖と言うことが多いようです)も一緒に取得してしまう場合があり、謄本何通分も印紙代がかかるので、基本的には「コンピ閉鎖と土地台帳を下さい、移記閉鎖はいりません」と伝えて申請しています。
これで、現在の登記事項証明書の直前の閉鎖謄本と、一番古い土地台帳がチェックできます。

いくつか参考になるページを載せておきます。
一番上の元法務局職員さんのブログは、詳しくて参考になります。

「旧土地台帳の写し」が無料、ということについて。
物件調査テクニック解説(土地の利用履歴について)
閉鎖の種類 〜過去追跡〜

土地台帳は無料で取れるので、取ったことのない方は、現地調査で時間で余裕がある時に一度試してみてください。
明治時代に手書きで書かれたその土地の歴史の一端が分かったりもします。



       
コメント
ブログで紹介していただいてたんですね!
ありがとうございます。今読むと恥ずかしい内容だったので、若干更新しました。
いろいろ記事を読ませていただきます。これからもよろしくお願いいたします。
見つけて頂いてこちらこそありがとうございます。
いろいろ参考になったので勝手ながらリンクさせて頂きました。

仕事がらあちこちの法務局にお世話になっています。
ブログもリニューアルされたようですので、いろいろ拝見します。
  • shimo
  • 2014/08/09 2:07 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック