-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

プライベートバンカー(PB)資格試験の受験申込開始

以前、証券アナリスト協会が運営する新資格である、プライベートバンカー(PB)資格について紹介しました。

プライベートバンカー資格には、難易度の低い順に、「PBコーディネーター」、「プライマリーPB」、「シニアPB」、「エグゼクティブPB」の4つの資格があります。

このうち、「プライマリーPB」と「シニアPB」試験について、5月1日から受験申込が開始されました
実際の試験開始は6月29日からとなっています。

今回始まる、プライマリーPBと、シニアPB資格の試験形式は、コンピュータ試験です。
※シニアPBは、コンピュータ試験での単位取得後、さらに「投資政策書」作成の筆記試験があります。

なお、コンピュータ試験の実施は、IT系や語学系資格の運営受託を多く行っているプロメトリック社に委託されていて、具体的な受験手続の流れは次のようになります。

 日本証券アナリスト協会のHPで受験申込 
→ 受験料支払
→ プロメトリックのHPで試験会場・受験日時を予約
→ 会場で受験

試験会場は全国100ヶ所以上用意され、都合のよい日時を選べるので、誰でも受験しやすいシステムですね。

一方、気になる受験料は、類似ジャンルのFP試験と比べるとかなり高めの水準に設定されています。
軽い気持ちで受けてみようか、というにはハードルが高そうです。

・プライマリーPB  
 第1単位〜第3単位 各8,000円×3単位=24,000円

・シニアPB
 第1単位 12,000円
 第2単位・第3単位 各9,000円
 筆記試験 10,000円
 合計 12,000円+9,000円×2+10,000円=40,000円

 (2015年3月までの筆記試験申込者は初回受験料金が無料)

※どちらの試験も、単位ごとに受験可能。ただし3年以内に3単位の取得が必要です。
※シニアPBは、3単位取得後1年以内に筆記試験に合格する必要があります。

資格のレベルとしては、プライマリーPBが2級FP技能士、シニアPBが1級FP技能士とそれぞれやや同じか、少し難しい程度、と協会のQ&Aに書いてあります。

一般論として、こういった新しい資格試験は、創設後すぐに取得する方が受かりやすく、だんだん難易度が上がっていく、という傾向があります。

受験料はお高いですが、ぜひ資格を取得したい、と考えている方、税理士やFP、金融機関等の方で仕事上役立てたい、という方は、早めにチャレンジされるのも一つだと思います。

なお、シグマベイスキャピタルで、早速、この資格を対象とした試験対策講座が開講されていました。
シグマインベストメントスクール プライベートバンカー資格試験対策講座

当資格の試験制度、受験システムはやや複雑です。
受験資格要件や、一部試験免除の細かい規定もあるので、詳しくは、下記リンクをご参考にしてください。

・日本証券アナリスト協会(資格運営団体)
プライベートバンキング(PB)教育プログラムのコーナー
プライベートバンカー(PB)資格試験の受験ガイド

・プロメトリック社(コンピュータ試験実施機関)
プライベートバンカー(PB)資格試験

<関連記事>
プライベートバンキング(PB)の認定資格が登場(上)
プライベートバンキング(PB)の認定資格が登場(下)



       
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック