-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

記述式・論述式資格試験のキホンは「丁寧な字で書く」こと

久々に勉強の話題です。
記述式・論述式の試験形式が含まれる資格試験といえば、公認会計士、不動産鑑定士、司法書士、中小企業診断士(2次)、行政書士などがあります。

これらの資格試験で合格ラインに到達するには、設問の主旨をきちんと把握する読解力と、論理的な答案作成能力が必要なのは言うまでもありませんが、意外に重要なのが「丁寧な字で書く」ことです。

実際に、答案練習の解説などで配布される、高得点の模範答案の多くは、丁寧で読みやすい字で書かれています。

汚い字で書かれた答案はそれだけでマイナスになる


記述式・論述式試験がマークシート式試験と大きく違うのは、「機械ではなく人間が採点する」点です。

自分が採点者だと思って想像してみてください。
採点者は、限られた期間で何百枚という答案を採点しなければなりません。
パッと見て見にくい答案や、殴り書きの答案があったら、それだけで点数を付ける気がそがれるでしょう。

人間が採点する以上、同じ内容の答案が2枚あったとしたら、丁寧で読みやすい字で書いてある方をひいき目で見てしまうのはごく当然のことです。
殴り書きの答案は、どんなに内容がよくても、きちんと採点してもらえない可能性すらあります。


答案用紙は採点者にアピールするチャンスと考える


本試験の答案用紙は、受験者と試験委員・採点者とのたった一つの接点です。
出題者の意図をどれだけきちんと理解しているかを文章でプレゼンテーションし、自分がどれだけ本試験に向けて努力してきたかをアピールできる場が、答案用紙です。

人間関係と同じで、資格試験でも答案の「第一印象」は重要です。
例えば、お見合いや就職活動の面接に、汚い身なりでのぞむ人はいないでしょう。
資格試験でも、合格したい、という気持ちを採点者に伝えるためには、「丁寧に心をこめて書く」ことが大事です。


丁寧な字で答案を書くためのコツ


Write on! / //ZERO

丁寧に書くとはいっても、本試験の試験時間は限られているので、ゆっくり書けばいいというものではありません。
丁寧な字で、同時に速く書くことが必要になってきます。

・日頃から繰り返し書く練習を積む
いつもは汚い字で書いているのに、本番でいきなりキレイな字で書こうとしても無理です。
本試験と同じ形式、時間で、速くかつキレイに書けるようになるまで、とにかく練習することが大事です。

・早めに自分に合った道具を選ぶ
記述式・論述式の資格試験の多くは、ボールペン使用となっています。
ボールペンとはいっても、油性や水性、ノック式やキャップ式、ペン自体の太さにボールの太さ、、、など種類は無数にあり、どのペンが使いやすいかは人それぞれです。

早めの段階で、自分にあったペンを見つけて、常にそれを使って練習するよう心がけてください。

「自分は字がヘタだから」という人がいますが、決して上手な字でなくても大丈夫です。
私も字はかなり下手な部類ですが、資格受験時代に「字がヘタか上手いかは関係ない、ヘタでもいいから丁寧に気持ちを込めて書け」と講師から言われたのを覚えています。

ある程度キレイに書けるようになったら、勉強仲間やまわりの人に自分の答案を見てもらうのもいいと思います。

JUGEMテーマ:資格取得




       
コメント
私も診断士2次試験対策の時に通っていた受験予備校で講師から同様のことをよく言われた記憶があります。

とくに事例問題では考えすぎて、せっかくよい答えがまとまったのに書きおろす時間が足りなくて走り書き→結果、点が伸びずというケースを自分自身でも何度も体験しました。試験の時には書きおろす時間を必ず確保することですね。

またこれは合格後に自分が予備校の講師になったときにも改めて感じさせられました。
WATANKOさん、コメントありがとうございます。

2次のような論述ですといきなり書き始めては絶対だめで、「答案構成が重要」といいますが、とはいえ早く書き上げないといけない難しさがありますね。
論述試験の場合は診断士以外も同様だと思います。

講師もされていたんですか? でしたら試験対策は私などよりプロフェッショナルですね!
  • shimo
  • 2013/06/01 10:21 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック