-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

NISAの非課税期間は最長10年間ではなく14年間?

土曜日(8/31)の日経新聞に、編集委員田村正之さんがNISAと長期投資についての記事を書かれています。

NISA、非課税が最長14年に 口座移し替えを工夫
(ログイン必要です)

2014年から始まる少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)。制度を最大限活用するには非課税のメリットを受けられる期間をできるだけ延ばすことがポイントになる。非課税枠の移し替えを工夫すれば非課税期間を最長で14年間まで延ばせる。長期運用が可能になれば、リスク商品で高リターンを狙うなど投資戦略の幅も広がる。

(引用終わり)

現行のNISAでは、非課税期間終了後に運用継続する場合、
(1)特定口座などの課税口座に払い出す
(2)次の年度から始まる新たな非課税枠に移管(ロールオーバー)する
の2つの選択が可能です。

しかし、非課税期間終了時に含み損がある状態で課税口座に払い出すと、その後の価格変動次第ではNISAを使わない場合よりもかえって税金が増えるリスクがあります。

<参考記事> 日本版ISA勉強会に参加しました

また、NISA口座内で生じた損失は課税口座との間で損益通算ができないため、含み損が出ている場合には、(2)のオプションを使って値上がりを待つのが合理的ですが、この移管手続き(ロールオーバー)は、1度のみに限られているわけではないというのが本記事のポイントです。 

本記事の例では、
・NISA口座で2014年に投資
・5年間運用し、2019年(6年目)の非課税枠に1回目のロールオーバー
・さらに4年間運用し、非課税口座開設最終年度である2023年(10年目)の非課税枠に2回目のロールオーバー

という方法により、非課税期間をMAX14年間に延ばすことができます。

これは冷静に考えればその通りなのですが、意外に盲点だと思います。
「非課税期間5年、口座開設可能期間10年」と言われると、来年から始めても非課税の恩恵を受けられるのは最大5年×2ターン、というイメージが強いからです。

NISAは恒久化されない以上使えない、という見解も一理ありますが、長期投資における個人の運用期間を40年間とすると、14年間はその3分の1以上にあたるので、考えようによっては結構長期ともいえます。

非課税枠が年間投資額100万円までというのは個人的には物足りないですし、各社のNISA対応商品が明確になるまでは口座開設するべきではない、というのには賛成です。

ただ、どのようなリスク商品でも、期待リターンがプラスである限り、5年間ではマイナスでも、14年間あればプラスに転じるチャンスが巡ってくる可能性は大きくなります。

であれば、恒久化云々を抜きに、その間の配当・譲渡益が非課税になるメリットを受け入れて、初年度から開始するのもひとつかもしれない、と今回の記事で感じました。

(9/3追記)
竹川美奈子さんの下記記事によると、ロールオーバー手続きの詳細は各金融機関でも未定のため、実際に14年間に延ばせるのかどうかは未知数、と指摘されています。

About Money,Today>NISAは最長14年運用できる!?

制度上は可能だからといって、システムや手続き上すべての金融機関で可能かどうかは確かに断言できません。
そういう意味でも、あわてて口座を作るのは早計かもしれません。


【関連記事】
日経マネーでNISAの連載特集が始まりました



       
コメント
shimoさんが以前載せられていた図をお借りしますが、

http://blog.business-shikaku.com/?eid=266

これでもすでに14年ですよね?
それとも、14年プラス4年で18年になるのでしょうか?

日経の記事が読めないので、何か大きな勘違いをしてたらすみません。
コツコツ麻酔科医さん、早速のツッコミありがとうございます^^;

ご指摘の通り、18年ではなく14年です。
なので、特別真新しい事実ではなく、ごくもっともな論点なのですが、ロールオーバーが2回可能、というのは自分的には盲点だったので記事にしてみました。
  • shimo
  • 2013/09/01 4:32 PM
shimoさんの以前の記事が頭に浮かんだもので。
やっぱり18年ではないんですね。

ありがとうございました。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック