-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

SBI証券からNISAの勧誘電話

今日、事務所で仕事をしていたら、iPhoneに見慣れない番号から着信がありました。

すると、「SBI証券の***と申しますが、NISAの口座開設のご案内をさせて頂いておりまして・・・」との営業TELでした。

先日のNISA勉強会用に、以前SBI証券に口座開設予約の資料請求をしたので、10月1日の手続き開始を目前に、わざわざ連絡頂いたようです。

やり取りはこんな感じでした。

------------------------
SBI「他社さんですでに申込などされましたでしょうか?」

自分「いえ、まだです。。いずれは開設するかもしれないけどとりあえず様子見というか・・・」

SBI「あー、なるほど、今各社さんともいろいろ動きがありますからねー。」

自分「そうですね。。(というか、分からないことが多すぎるので・・・)
------------------------

先方のセールスポイントは以下2点でした。
9月30日までに開設書類を送付すると、”旅行券10万円分” などの豪華賞品が当たる!
NISA初年度(2014年度)は国内株式の手数料がゼロ!

なるほどー、と言いつつも(キャンペーンのことは知っていましたが)、とりあえず現段階では未定、とお伝えすると、それ以上はしつこく勧誘されることもなく、あっさり終わりました。

開業していると、いろんな業者から営業電話がきますが、それらと比べたらとても丁寧な対応だったと思います。そのあたりは、さすが大手の金融商品取引業者です。

折しも、NISAの口座開設申込予約が証券会社だけですでに300万件を超えた、というニュースがありました。

NISA口座見込み数、証券128社で計322万件 日証協調査

日本証券業協会によると、予想以上に好調なペースとのことですが、対面販売をしないネット証券が電話営業しているぐらいですから、各社の口座獲得競争はさぞ大変なんでしょう。
(SBI証券の社員の人ではなく、専門業者への外注かもしれませんが、資料請求した全員に電話するとなるとコストも相当かかるのではないでしょうか)

SBI証券に口座を開設して5年以上経ちますが、直接電話をもらったのは初めてです。

これから9月末まで、各社とも1口座でも上積みするため最後の追い込みをかけるでしょうから、資料請求された方には銀行や証券会社から同じような電話があるかもしれません。

私も、資金移動の利便性などを考えると、もし開設するとしたら、お世話になっているSBI証券になる可能性大ですが、今のところは様子見継続でいきます。

<関連記事>
NISAの金融機関選び勉強会に参加
NISAの非課税期間は最長10年間ではなく14年間



       
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック