-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

保有投信・ETFを全部売却

2010年の9月から約3年半、インデックス型の投資信託、ETFをほぼ毎月買い付けて来ましたが、ここで一部の安全資産等を除き全部売却し、利益確定しました。

理由としては、自分のリスク許容度の面と、昨年以降の相場環境があります。

・自分の運用資産全体のリスクが高すぎると感じ始めた。
 現在の含み益が全てなくなったときのガッカリ感を想像すると、どうしても売りたい気持ちが強くなります。
 そもそも去年も2度ほど利益確定しています。これはリスクを取りすぎていることの裏返しかもしれません。

・昨年のような好リターンの年は長期的にみても特殊。
 2013年の日経平均上昇率は+57%(戦後4番目)、為替(ドル円)の上昇率は+21%(1979年以来の大きさ)です。

・近いうちに米株下落?をきっかけとした世界的なリスクオフと円高の流れが避けられないと予想。
 これは素人の予想なので外れるかもしれません。根拠はいろいろありますが、昨年の反動に加えて、例えば以下の北野一さんその他の方々の見解を参考としています。

《まとめ》北野一氏プレミアムナイツセミナー(2014.3.26) 
(奥さんのブログ記事)

以上から、税金がかかっても利益確定するのがベターと判断しました。

具体的には以下の投信、ETFの他、ランド建の債券などSBI証券で保有しているものを全部解約・売却しました。

・TOPIX連動型上場投資信託
・外国株式インデックスe
・eMAXIS新興国株式インデックス
・年金積立インデックスファンド海外新興国株式
・外国債券インデックスe
・SMT新興国債券インデックスオープン
・eMAXIS国内リートインデックス
・ニッセイJリートインデックス
・eMAXIS先進国リートインデックス

なお、金ETF(SPDRゴールド・シェア)は安全資産との位置付けなのでホールド、鎌倉投信は少額の積立なので放置です。個人型確定拠出年金も継続です。

今日付けで未約定のものもありますが、2010年9月以降の累積リターンは、予備資金込の投資元本に対しては+30%前後、純粋にリスク資産に投資した額に対しては+50%以上になる見込みです。

とはいっても、これで投資をやめるわけではなく、いったん休むだけなので、相場が大きく下落してきたら、再度インデックス商品の買い付けを再開したいです。
その際の資産配分は、もう少しローリスクなものにするつもりです。

NISAの投資枠も未使用なので、年内にそのようなチャンスがくることを期待しています。

【関連記事】
先進国株式は買いにくい局面?
資産の一部売却で利益確定&ポートフォリオのリストラ



       
コメント
shimoさん、こんにちは。利益確定ですか。
相場格言で「売りは早かれ、買いは遅かれ」というものがありますが、今が絶好の売り時かもしれませんね。

日本の株は調整が長引いているし、NYも変調気味、円安も頭を抑えられ、と良い感じはしません。
そしておっしゃるように短期的に上げすぎているのも確かです。

実は私もNISA口座を申し込んだものの、これからどうしようかなと迷っていました。
新たな投資より、今自分が持っているものの整理をするほうが先かなと考えていた矢先のshimoさんのエントリーだったので、良い意味でショックを受けました。

インデックス投資をされているブロガーの方々はホールド姿勢が優勢のように感じますが、ゆっくり考えてみます。
  • フラジャイル三兄弟
  • 2014/04/26 11:29 PM
フラジャイル三兄弟さん、こんにちは。

自分的には、もう5割以上増えたからとりあえずいいいかな、ぐらいのザックリした感覚なのですが、とりあえず積立をやめてホールドするのも一つですよね。

インデックス投資の原則では、均等額積立継続なのでしょうが、昨年は長い目でみても異常なまでの上げだったので、何も考えず買い続けるのにはやや抵抗がありました。(そもそも「高値」かどうかは後にならないと分からないのですが)

目論見が外れたときはその時で、また考えたいと思います。
  • shimo
  • 2014/04/27 1:42 PM
全部売却ですか、すごい決断です。今後の相場展開はわかりませんが、今ここで売却した決断に敬意を表します。なにごともほどほどがよいのかもしれません。(いや...5割以上も増えたからほどほどどころではありませんね。)私にはここまで機動的にはなれません。
WATANKOさん、身にあまるコメントありがとうございます(笑)。決断というよりは勇気と胆力がなかっただけかもしれません。
ただ、昨年のようなリターンは滅多にないことなので、一旦手を引きたくなったというのが正直なところです。
  • shimo
  • 2014/04/28 10:42 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック