-->

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

「ル・ボラン カーズミート2014」に行ってきました

今日はいつもと違い、車の話題です。
自動車雑誌「LEVOLANT」主催のクルマイベント、「ル・ボラン カーズミート2014」にふらっと行ってきました。



場所は横浜の赤レンガ倉庫です。
早めの10時過ぎに着いたのですがこのにぎわい。



まずはメインステージで、tvkの「クルマでいこう!」のMCお二人、岡崎五朗さんと藤トモこと藤島知子さんのトーク見学。



次に、メイン会場で各メーカーのニューモデルをチェック。

マクラーレン、ランボルギーニからスズキのハスラーまで、バラエティに富んでました。

60台のうちの一部を載せます。
まずは少し現実離れしたスーパースポーツたち。

ジャガー F-TYPE
ジャガー F-TYPE

アウディ R8スパイダー
Audi R8スパイダー

NISMO GT-R


ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル
ベントレー コンチネンタルGT V8 コンバーチブル


続いてアメリカ車コーナー。
アメ車はデカイ、イカついイメージしかなかったのですが、内装含め結構洗練されていて見直しました。

キャデラック CTS


ジープ チェロキー
ジープ チェロキー


以下、ボディサイズや価格感から十分購入対象に入ってきそうなクルマたち。

ルノー ルーテシア
ルノー ルーテシア

フォード フィエスタ
フォード フィエスタ

プジョー2008
プジョー2008

ボルボV40(クロスカントリー)
ボルボV40 クロスカントリー

ホンダ ヴェゼル
ホンダ ヴェゼル


個人的には、コンパクトのジャンルから、ルノーのルーテシアと、シトロエンのDS3、それと1,000ccながら走りが話題のフォードのフィエスタに注目しました。

実車は初めてでしたが、国産コンパクトカーに比べると、やはりデザイン、質感ともに大分上をいっています。
価格も2倍近くしますが、決して高くはないと思います。

日本車の中で印象的だったのは、展示車がハイグレードモデルというのもありますが、初めて見た新型ハリアーの高級感でしょうか。

ハリアー


実用性とスタイリングを兼ね備えた線では、プジョーの2008やヴェゼル、アクセラあたりの運転席に乗り込むお客さんが多かったようです。

試乗コーナーやアイサイトの体験コーナーは大行列していたのでパスしましたが、久しぶりにワクワクするイベントでした。

(番外編)斜度45度をものともしない三菱デリカ。
デリカ


意外だったのは、10代20代の若いお客さんがかなり多かったことです。
これだけクルマイベントが盛り上がるのなら、若者のクルマ離れもそんなに心配いらないのかもしれません。

実車を気軽に見比べられて、楽しいイベントです。
来年も行ってみたいですね。



       
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック