-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

長期投資と利益確定

「下がった時に売ってしまう」のは、長期投資におけるタブーと言われます。

価格が下がった時こそ着実に買い進めれば、昨年のように相場が回復した時に大きく資産が増加するからです。

下がった時に運用から撤退してしまう理由は、ポートフォリオのリスク量が、自分の取れるリスクを超えてしまって耐えられなくなるからです。したがって、そのようなことのないよう、自分のリスク許容度の範囲内の資産配分を考えるのが大事です。

では、逆に、「上がった時に売ってしまう」のはいいのでしょうか、悪いのでしょうか。


「下がった時に売ってしまう」のはダメ、とは専門家も含めたいていの人が言いますが、「上がった時」にどうすべきかについては、下がった時ほど統一的な共通理解はないような気がします。

自分の場合、下がった時には、教科書通り買い続けることができました。それは、下落時にコツコツ買い進めることの大切さ(積立投資のメリット)を、ある程度理論的に理解していたからです。

しかし、昨年の急激な相場回復には、むしろ我慢できず売却(利益確定)してしまいました。

売却せずに保有し続ければ、その期間中は再投資効果が得られ、課税も先送りできるメリットがある一方で、「もし大きく下落したら含み益がなくなる」という不安がつきまといます。

逆に、一旦売却してしまえば、それまでの含み益が確定利益となる一方、その時点で課税されるとともに、同時に「次にいつ投資を再開するか」という問題が発生します。

さらに、積立投資の理論では、高値で買い進めるとリターンの下落につながることが明らかですが、それは10年後、20年後に結果的に判明するのであって、「今が長期的にみて高値なのか」という判断は難しいのも事実です。
(そのような大局的な相場観を放棄せずに養うことは大事だとは思いますし、努力である程度養えるかもしれませんが、素人には難しい面がある、という意味です)

ということで、昨年のように大幅に含み益が発生した場合に、
1.等金額を積立(ドルコスト)&リバランスのみ
2.積立額を少なくする(最近話題のバリュー平均法的な考え方?)
3.積立をやめてホールドする
4.一部または全部売却して利益確定


というオプションから、どの方法を選ぶかについて、100%正しい方法はなく、最終的には個人の価値観と判断によってきます。

とはいえ、長期投資の本来の立場は、運用の継続です。保有し続けることで、税金などのコストを最小限にしつつ、複利効果を最大化できます。
そういう意味では、あるべき長期投資の姿としては、1か2、最低でも3で、精神的にも落ち着いていられるようなリスク量の資産配分を取るのが妥当なのでしょう。

ですので、私が最近選んだ4.のやり方(運用資産のほとんどを売却)は、利益が確定できて自分としては正しいと判断していますが、リスクの取りすぎだった面は否めません。
(と言いつつ、今後リスクを低めたポートフォリオを組んだとしても、やっぱり利益確定したくなる可能性は十分ありますが)

リスク許容度を考える場合には、「どの程度の含み損失を受け入れられるか」と合わせて、「どの程度の含み益が出たら売ってしまいたくなるか」も考えてみるのも一つかもしれません。

<関連記事>
資産配分の再検討
保有投信・ETFを全部売却
積立投資なら日経平均でも必ずプラスに?



       
コメント
金融商品もお金を出して買うものですから、そのお値段で買いたいものなのか、という基準を持てばいいのではないでしょうか?

食べ物しろ自動車にしろディズニーランドにしろ、みんなその値段で買うべきなのかどうかを判断しています。
金融商品も同じことではないかと。
  • AKI
  • 2014/06/18 11:35 PM
AKIさん、なるほど、そういうお考えもありますね。
積立で買い続ける場合は、ある意味そのような基準を持つのを放棄していることになるのでしょうかね。
  • shimo
  • 2014/06/19 5:45 PM
>積立で買い続ける場合は、ある意味そのような基準を持つのを放棄していることになるのでしょうかね。

積立であっても基準を持つことは可能です。

ポッキーが大好きで毎日、予算500円でポッキー買う人がいたとします。
ポッキー1箱が50円で売られているなら、ポッキーがお腹一杯食べられる!とどんどん買うでしょうし、500円であればポッキーが食べたくても我慢する。通常価格と思っている250円であれば食べたい量だけ買う、というようにみんな日常生活では価格と価値を天秤にかけて購入割合を変動させます。

金融商品も大切なお金を出して買うものである以上、そこに人は価値を見出していますよね。
であればモノを買う時と同じように、価格と価値を天秤にかけて金融商品を買うことが自然ではないでしょうか、ということが言いたかったことです。
  • AKI
  • 2014/06/19 10:47 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2014/06/17 9:34 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2014/06/18 12:18 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2014/06/18 7:41 AM
2009年より投資信託を月5万円分買って、積立で長期分散投資をしています。含み益100万円を達成した際に「分散投資と利益確定」で検索をしたところ、良記事を発見いたしましたのでご ...
  • 儲かるのは分散投資だけ!?
  • 2014/12/11 4:00 PM