-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

新しい教育訓練給付制度が10月から開始

昨年末に取り上げた、教育訓練給付金の拡充ですが、すでに詳細が確定し、この10月から新制度が始まることになりました。
(関連記事)教育訓練給付金制度の拡充案が明らかに

厚生労働省のHPに詳細が載っています。
教育訓練給付制度について |厚生労働省

こちらも参考になります。
教育訓練給付金の拡充と教育訓練支援給付金の創設で あなたのキャリアアップを支援します:政府広報オンライン

改正のポイントです。
・もともとの給付金制度(一般教育訓練)とは別に、より多く支給される「専門実践教育訓練」というジャンルを設ける。

・資格取得時の給付額は当初案どおり受講費用の40%(資格取得&就職できたら+20%)、最大年間48万円


教育訓練給付金引上げの対象


今回の制度改正で、教育訓練給付金の対象が「一般教育訓練」と「専門実践教育訓練」の2つに分かれました
給付金の引き上げは、より専門的な資格や技術の習得に特化した「専門実践教育訓練」が対象となります。

専門実践教育訓練講座の内容です。

1.業務独占資格・名称独占資格の取得を訓練目標とする養成施設の課程
看護師、理学療法士、歯科衛生士、保育士、介護福祉士などの医療・福祉系資格が中心です。
栄養士や美容師・理容師、電気工事士、建築士なども含まれていますね。

2.専門学校の職業実践専門課程
3.専門職大学院

1.だけ見ると、ビジネス系・法律系資格やIT、語学系資格、MBAなどは対象外のように見えます。
ただ、2.3.にはこれらも広く入ってくるため、給付金引き上げの対象になる可能性もあります。
今後講座指定が行われていくのでチェックしたいと思います。

給付金の拡充内容



(教育訓練給付の対象講座を受講希望の皆様へ(リーフレット)より)

講座費用の40%(修了日から1年以内に資格取得&就職したら+20%、最大60%)を支給
・金額は最大48万円/年
・支給期間は最長3年

従来の教育訓練給付金は最大20%、上限10万円まで削られていたので、予算的にはまずまず拡充です。

医療や福祉系の学校は、実習用の設備などが多く必要で、資格取得までに数百万単位の費用が必要なものも多いので、これらを目指す方にはある程度メリットがあると思います。

いつから適用されるか


新制度は平成26年10月1日から施行されます。
具体的なスクール・講座は厚生労働省のHPで間もなく(8月中旬以降)公表予定です。

退職者向けの生活支援もあり


以上の給付金拡充とは別に、45歳未満の離職者に対して、資格取得までの教育訓練期間中、失業保険の約半額を給付する「教育訓練支援給付金」という制度も設けられました。
こちらは平成30年度末までの暫定措置です。


教育訓練給付金は、手続きが少々複雑ですが、過去に給付を受けた経験者としては、とても有りがたい制度だと思います。

資格取得を考えている人は、講座受講前に自分が給付対象になるかどうか、一度チェックするのをおススメします。

(9/14追記)
新給付金制度の指定講座リストをチェックしました。
以下エントリです。

新しい教育訓練給付制度の対象講座をチェックしてみた


       
コメント
気象予報士の資格取得の為に使いました。
むかしは8割が戻ってきましたが、趣味など就職に関係ないなどの理由などから、給付が下げられました。

証券アナリスト辺りで受けられたら良いかなぁ・・・なんて思いますが、証券アナリストは対象外だったので、ちょっと残念です。
タカちゃんさん、ありがとうございます。

自分も20代の頃に診断士資格で使いました。ハローワークに申請に行った記憶があります。たしかに、昔は給付率が高くて良かったですね。

今回は一応拡充ですが、限られた予算を福祉とか介護とかの分野に重点的に使う方向のようですね。
  • shimo
  • 2014/08/12 8:55 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック