-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

弁護士の顧問料も値崩れしているらしい

最近はどの士業も、競争激化で顧問料のダンピングが進んでいるとメディアでよく取り上げられます。
典型的なのは税理士ですが、文系の最高峰資格である弁護士にもこの影響は及んでいるようです。

なぜこう感じるかというと、GoogleやFacebookなどで、安さを前面に出した弁護士事務所の広告を最近よく目にするからです。

試しに「弁護士 顧問料」で検索してみました。

例えばこんな業者がヒットします。

月額3980円の新顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」
顧問料1万の顧問弁護士無料紹介 | L.A.P.中小企業顧問弁護士の会

かつては、日弁連が定めた月5万円という顧問料の下限があったのですが、平成16年に自由化されたとのこと。

上のリーガルプロテクトは別途時間課金(10分1,620円)、1万円のLAPは、2時間以上の相談で別途課金だそうですが、それにしても安いです。よくこんな料金でできるなあ、と思います。

こういったサービスが増えてきているのは、このような事務所や紹介サービスにぶら下がっている弁護士がたくさんいることを意味します。
仕事や就職先がなければ、背に腹は変えられないということなのでしょう。

弁護士の顧問料も、需要と供給の自由競争で決まるべきですし、これらのサービスが、安い上に弁護士のレベルも相応であれば素晴らしいです。

しかし、もし、価格の安さだけで勝負しようとしているのであれば、短期的には売上が上がったり、規模が拡大することがあったとしても、長期的な事業の継続性や安定性という点では難しいのかな、と思います。

士業は労働集約型のサービス業なので、人件費が全てです。
値段を格安にするためには、結局安く人を使うしかなく、市場原理からいえば結果的にサービス品質は低下します。
しかも、Webなどの広告料をたくさん使っているので、実際の弁護士報酬に回される金額はいっそう低くなるはずです。

私の属する不動産鑑定業界でも、「安く早く大量処理」をうたっている事務所は、業界内では「安かろう悪かろう」というイメージが定着していますし、顧客側も、ある程度品質を犠牲にして(品質の低さを分かった上で)発注している場合も多々あります。
(安さを売りにしている某鑑定事務所の鑑定評価書が、その事務所名だけで税務署に否認されたという笑えない噂話もあります)

もちろん、このような価格設定をしているのは、既存顧客基盤のない新規参入組を中心とした一部の事務所にすぎません。
しかし、じわじわと、でも着実に、業界全体の地盤沈下につながっていくと思います。

安い価格で他社から顧客を奪えているように見えて、最終的には自分の首を絞めることになるのではないでしょうか。

【関連記事】
ダークサイドに堕ちた弁護士
税理士会の意見広告にみる不毛なナワバリ争い


       
コメント
価格競争については、士業のみならず、金融でも保険でも、すべての業界が自由化されていますから、消費者利益を考えた場合、当然であり、価格競争反対などと騒いでいる、特に地方の鑑定士は論外と言えるかと思います。
そんなことをいつまでも言っているから、既得権にしがみついているようにしか思われず、相手にされないのです。
TPPでも締結されたらどうするのでしょうか。

しかしながら、一方で、単なる低価格競争だけでは、難しい試験を通った割には、疲弊するだけで儲かりません。

「士業」の営業術という本で、原尚美さんという人が書いていますが、低価格路線の業務と、高価格路線の業務に分け、「ここは自分の強みです」「他社にはないレアな商品を持っています」というレベルの高いサービスには高価格を付け、そこをキャッシュポイントにするという戦術が書かれています。

私も、それこそが、顧客の側も士業の側も、ともにwin、winになるやり方だと考えています。
  • thoo
  • 2015/06/10 2:52 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック