-->

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

クレジットカード会社の無料損害保険

最近、クレジットカード会社から「無料で保険に加入できます!」というDMがよく送られてきます。

つい先日も、三越伊勢丹のエムアイカードから、「入院補償無料進呈」とうたった傷害保険の広告がきました。



○保険料無料の保険の中身

商品の内容はこんなものです。
・無料で交通事故傷害保険に3年間加入できる
・保険料はカード会社が全額負担(契約者はエムアイカード)
・オプションで有料の追加補償プラン(月額保険料500円の普通傷害保険)もあり

引受保険会社はチューリッヒ保険でした。

保険料無料と言われるとつい見てしまいますが、無料プランの具体的な中身をよく見ると、
「交通事故などで5日以上入院された場合、入院一時金として50,000円をお受け取り」
とあります。

ごくごく限定的なリスクに対する、非常に小さな補償(保障)です。
無料なので当然です。


○保険会社とカード会社のメリットは?

無料保険を提供する、保険会社、カード会社のメリットを推測してみました。

<保険会社>
・無料保険を入口に、カード会社の大量の顧客に自社の保険を提供するチャンスが生まれる。

<カード会社>
・会員サービスを充実させつつ、保険会社から手数料(代理店手数料?)がもらえる。
・無料プランは補償が小さいので保険料負担もわずか。

ポイントは、「どんな小さい保険でもいいから、とにかく加入してもらう」ことだと思います。
そうすれば、本当に売りたい保険に入ってもらえるチャンスも増えるし、商品を作る保険会社にとってもいい話です。

その点で、無料の保険は、補償の提供よりもキャンペーン的な性格が強いと思います。

放っておいたら保険料を取られるのでは?との心配はないようです。
3年の契約期間が満了すれば終了です。

ただ、普通の人はすでに持っている補償を縮小するのには抵抗があると思います。
無料期間が終了した3年後に、「月500円なら・・・」と言って有料プランに移行する人も多いのかもしれません。
そうなれば保険会社、カード会社の思うツボですね。


○無料でも不要なものは入らない

自分は類似の傷害保険に加入済なので入りません。
ただ、もしそうでなくても、保障の小ささと、このような業者側の思惑を考えると、スルーするのが得策かなと思いました。

もし、ちゃんとした傷害保険が必要なら、無料プランではリスクがカバーされていませんし、最初から月500円の有料プランに入った方がいいような気がします。



コメント
私には、ダイレクトメールも電話も来ます。
  • まるーべり
  • 2015/05/23 10:25 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック