-->

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

「下町風力発電」のチャレナジーをクラウドファンディング(Makuake)で応援

再生可能エネルギーの世界で、応援したい会社を見つけました。
「プロペラのない風力発電機」という斬新な発想で、風力発電に革新を起こそうとしている、「株式会社チャレナジー」です。

たまたま、1/24の日テレの「シューイチ」で、代表の清水敦史さんが取材されているのを見て知りました。1/19の「ガイアの夜明け」にも取り上げられたそうで、今まさにブレイクしかけている会社です。

風力発電というと、巨大なプロペラを回して発電するのが一般的です。
しかし、プロペラ式の発電機は、台風レベルの強風では倒壊してしまうリスクがあり、風速が一定以上になると運転を止めているそうです。

代表の清水さんは、「壊れず安定的に発電できる風力発電」を目指し、世界で初めてプロペラを使わない「垂直軸型マグナス風力発電機」を開発しました。

その仕組みは下記動画ご参照。
3本の円筒が回転し空気の流れを作ることで、発電機全体が回る仕組みです。野球のカーブボールと同じ原理(マグナス効果)を応用しています。




・風向きと回転方向が平行なので強風でも倒れない。
・どんな風向きでも対応できる。
・かつコストも安い。
という三拍子そろった革新的な技術です。

台風の膨大な力をエネルギーに変えることができれば、日本だけでなく、アジアの貧しい無電化地域での電力供給にも貢献できます。

代表の清水さんは、東大大学院→キーエンスで開発をやっていましたが、東日本大震災をきっかけに、再生可能エネルギーの世界にゼロから身を投じた人です。

技術面では、墨田区で地場の中小企業と若手ベンチャーの橋渡しを行っている、浜野製作所がバックアップしています。
浜野製作所は、「ガレージスミダ」という、ものづくりインキュベータの取り組みが有名で、平成25年度の経済産業省の「おもてなし企業」にも選出された会社です。


マグナス式発電機は、現在実用化に向けてさまざまな環境での試験を行っていますが、今度の8月に、沖縄で、実際の台風の風で発電機を回す実証実験が行われます。

今回、クラウドファンディングのMakuakeで、実証実験のための資金を募っていたので、参加しました。
「災害をエネルギーに変える」という理念、下町の中小企業の技術を結集した「下町風力発電」というコンセプト、ストーリー性に共感しました。
シューイチ放送日の翌日には目標200万円にあっさり到達しました。

台風エネルギーを電気に変える『台風発電』 - Makuake(マクアケ)

秋に、実証実験の結果報告会を八広のガレージスミダでやる予定なので、楽しみにしています。

-------------------
【関連記事】
カンブリア宮殿でクラウドファンディング(READYFOR)の特集
ミュージックセキュリティーズのセキュリテに初投資(東吉野村つくばね小水力発電復活ファンド)



       
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック