-->

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

定額寄付で応援しているNPO・団体まとめ

社会のさまざまな課題を解決するために、投資とはまた別のかたちで、お金を通じて参加できるのが寄付です。
現在、大小さまざまの7つの団体に寄付あるいは会費で参加しています。あらためて各団体の紹介です。



1.プラン・インターナショナル
https://www.plan-international.jp/  

途上国の貧困削減と開発をトータルに支援する世界的なNGOです。70ヶ国で活動しています。ある国の一人の子どもと継続的に手紙のやり取りなどで交流できるプラン・スポンサーシップが特徴です。自分は、ベトナムのある男の子をサポートしています。
プラン・ジャパンの「プラン・スポンサーシップ」を始めました

2.国連UNHCR協会
http://www.japanforunhcr.org/

難民支援を行う国連機関、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の日本協会。今寄付している中では一番古くからサポートしています。シリアだけでなく、世界のあちこちで難民問題は厳しい状況にあり、UNHCRの活動はますます重要になっています。

3.認定NPO法人テラ・ルネッサンス
https://www.terra-r.jp/

2001年創設。アフリカとアジアで、子ども兵、小型武器、地雷の問題に取り組んでいます。鎌倉投信を通じて創設者の鬼丸昌也さんを知ったのがきっかけでした。相手のオーナーシップを尊重し、単なる援助ではない長期的な自立サポートを行っています。鬼丸さんの話に打たれてファンクラブ会員になりましたが、理念と活動プロセスに共感し、去年からは運営のサポートにも参加しています。
認定NPO法人テラ・ルネッサンス設立15周年記念イベント(東京・11/12)(その1:事業活動報告)

4.認定NPO法人かものはしプロジェクト
http://www.kamonohashi-project.net/

カンボジアやインドで、「子どもが売られる問題」=児童買春目的の人身売買をなくそうと活動しています。被害者支援だけでなく、被害そのものを減らすための警察の能力向上や住民の収入向上にもトータルに取り組んできました。
コモンズ投信の寄付プログラム「コモンズSEEDCap」の第5回応援先です。セゾン投信の中野晴啓さんも応援されています。
かものはしプロジェクト2016年総会に行ってきました
かものはしプロジェクトの「SUSU」クラウドファンディング成果報告会

5.認定NPO法人3keys
http://3keys.jp/

児童福祉施設での学習支援を中心に、10代向け支援窓口ポータルサイトの運営など、虐待や貧困などの環境下にある子どもを支援しています。代表理事・森山誉恵さんの熱意に魅かれてサポーターになりました。こちらはコモンズSEEDCapの第7回応援先です。つい最近、税控除の対象になる認定NPOになったので、事業が広がるのを期待しています。
NPO法人3keys・森山誉恵さんトーク(コモンズ投信・第8回社会起業家フォーラム プレイベント第2弾)

6.NPO法人PIECES
http://www.pieces.tokyo/

昨年NPO法人になった新しい団体です。児童精神科医の小澤いぶきさんが代表を務めます。子どもに伴走する「コミュニティユースワーカー」を軸に、ひとりひとりの子どもが孤立せず問題を乗り越えて行けるための関係づくりを大事にしていて、大きくなってほしい団体です。つい先日マンスリーサポータ―に申し込みました。
NPO法人PIECESのマンスリーサポータ―になりました

7.日本サステナブル投資フォーラム(JSIF)
http://www.jsif.jp.net/

SRIやESGといったサステナブル投資の普及のために活動しているNPOです。機関投資家や運用会社なども多数参加しています。コツコツ投資を続けているうちに、投資や金融がサステナブルな社会の実現に果たす力は大きいと感じるようになり、会員になりました。会員向けセミナーなどで勉強させてもらっています。個人会員も絶賛募集中なので、ESGなどに関心のある方はぜひどうぞ。
ESG投資か、責任投資か?<高崎経済大学 水口剛さん・日本サステナブル投資フォーラム(JSIF)セミナー>


一つ一つは、月1,000円からと少額ですが、その1,000円が役立っていると実感していますし、いろんな団体の活動を知ることを通じて、仕事以外の視野が広がり、世の中に対する見方も変わってきました。

なので、語弊があるかもしれませんが、「寄付は楽しい」というのが率直な感覚です。「恵まれない人に施す」という上からのものではなく、お金を託すことを通じて、社会をいい方に変え、寄付する側にとっても様々なリターンがあるお金の使い方だと思っています。むしろ、たった1,000円でそんな経験ができるならおトクではないでしょうか?

***********************
Facebookページでも更新をお知らせしています!
セルフ・リライアンスという生き方 FBページ
「いいね!」いただくと更新をお知らせします!


       
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック