-->

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

profile

ブログ内検索

archives

recommend

others

ブログパーツUL5

「下町風力発電」のチャレナジーをクラウドファンディング(Makuake)で応援

再生可能エネルギーの世界で、応援したい会社を見つけました。
「プロペラのない風力発電機」という斬新な発想で、風力発電に革新を起こそうとしている、「株式会社チャレナジー」です。

たまたま、1/24の日テレの「シューイチ」で、代表の清水敦史さんが取材されているのを見て知りました。1/19の「ガイアの夜明け」にも取り上げられたそうで、今まさにブレイクしかけている会社です。


SIB(ソーシャルインパクトボンド)の特集(NHK国際報道2016)

昨夜のNHK BS1の「国際報道2016」で、SIB(ソーシャルインパクトボンド)の特集をやっていました。

本家イギリスでの、若者就労支援分野でのSIBを取材したレポートでした。
15分程度でしたが、実際のプログラムの様子や、当事者のインタビューも多くて分かりやすかったです。


ARUNのインパクトレポート説明会に参加

10月に、クラウドファンディング(JAPANGIVING)で作成費を支援した、NPO法人ARUN SEEDの「インパクトレポート」が完成したとのことで、お披露目会に参加しました。





ミュージックセキュリティーズのセキュリテに初投資(東吉野村つくばね小水力発電復活ファンド)

ミュージックセキュリティーズの運営する「セキュリテ」のファンドに初めて投資しました。

投資したのは、奈良県の東吉野村で小水力発電を行うプロジェクトです。

本ブログでセキュリテを取り上げるのは初めてなので、そもそも、「セキュリテ」とは・・・


ソーシャルインパクトボンド(SIB)のセミナーに参加しました(その2)

11/19の「ソーシャル・インパクト・ボンド」セミナーの参加レポート、後半です。

前半記事はこちら。
ソーシャルインパクトボンド(SIB)のセミナーに参加しました(その1)





ソーシャルインパクトボンド(SIB)のセミナーに参加しました(その1)

11/19に日本財団ビルで開催された、「ソーシャル・インパクト・ボンド」(SIB)のセミナーに参加しました。

「ソーシャル・インパクト・ボンド」セミナー開催 | 日本財団

ソーシャルインパクトボンドセミナー@東京開催!:ソーシャルインパクトボンドジャパン

イギリス発のSIBは、日本でも今年からパイロット事業が動き出しています。
個人が直接資金を出せる環境はまだありませんが、社会課題の解決と民間のお金をつなぐ新しい試みで関心を持っています。





NPO法人ARUN Seedの「ソーシャルインベストメントスクール」に行ってきました

ARUN Seedの「ソーシャルインベストメントスクール」(初級編)に参加しました。

ARUN Seedは、カンボジアやインドで社会起業家に投融資を行っている「ARUN合同会社」の姉妹NPOです。
先日の「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」で、国際部門賞に選ばれたARUNの代表、功能聡子さんの話を聴き、関心があったので申し込みました。



セミナーは13時から18時まで、懇親会もあって中味の濃いスクーリングとディスカッションでした。
参加者は、実際に途上国でNPOやNGOの活動をしている人から、大手証券会社の人まで幅広く、関心の高さを感じました。


「社会的インパクト投資の拡大に向けた提言書」を読みました

「社会的インパクト投資の拡大に向けた提言書」というレポートが公開されています。
まとめたのは、G8社会的インパクト投資タスクフォースの国内諮問委員会です。

社会的インパクト投資を日本で推進するための提言書公開/ G8インパクト投資タスクフォース 日本国内諮問委員会

「社会的インパクト投資タスクフォース」は、世界のさまざまな社会的課題を投資の手法を活用して解決していこうと、2013年のG8サミットでキャメロン英首相が提唱し、各国で発足しています。


「第3回 日経ソーシャルイニシアチブ大賞」表彰式&シンポジウムに行ってきました

5/28に、日経新聞主催の「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」の表彰式イベントに行ってきました。
ソーシャルビジネスに取り組む優れたNPO法人や企業を選定するもので、今回で3回目です。

日経ソーシャルイニシアチブ大賞

「社会的リターン」と「経済的リターン」の関係というテーマに関心があり、イベントの副題が「社会的投資」ということもあって行ってきました。



続きを読む >>

<< | 2/2PAGES |